新着情報ブログRSS

トップ 新着情報ブログ

スポーツイベントにおけるVIP対応スタッフ募集【国立競技場】

投稿日時:2020/12/14(月) 09:30
2021年1月に東京の国立競技場で開催されるスポーツイベントにおいて、VIP対応スタッフを募集します。

■日程:
①2021年1月1日(金) 元旦
②2021年1月4日(月)

■場所:
国立競技場 新宿区霞ヶ丘町10-1

■アクセス :
JR「千駄ヶ谷」駅・都営大江戸線「国立競技場」駅・東京メトロ銀座線「外苑前」駅から徒歩

■時間(現時点での予定):
①7:00集合予定~17:00終了予定 開始が未発表のため変動する可能性あり
②7:30集合予定~17:30終了予定 変動の可能性あり

※延長戦となった場合は勤務時間も延長の可能性あり

■業務:
VIPエリアの受付・誘導などの接遇業務
事前準備・事後片付け業務も兼務

■服装:
制服スーツ貸与・マスク着用

■応募資格:
VIP対応経験者
キャビンアテンダント経験者
接客業経験者

■TOPページの「スタッフ仮登録」からご応募いただき、ご要望欄に本件へエントリーご希望の旨をご記入ください。

耳寄りなお役立ち知識 第5回「遺言」

投稿日時:2020/12/11(金) 09:00
登録スタッフの皆様

師走の慌ただしい季節となりました。
みなさま、お元気でお過ごしでしょうか。

Human Bankでは、皆様のお役に立つ 様々な情報を提供できればと思っております。

今回のトピックスは、「遺言 Part2」です。

Human Bankにもご登録いただいている行政書士の藤田みきさんから、
いざという時に困らない相続の事例を○×クイズで出題していただきました。
是非、挑戦してみてください。

Q.封がしてある遺言を無断で開封した場合には、罰則がある。 


Q.民法改正で配偶者居住権という権利ができました。
 これを遺言に残すときは、「妻○○に配偶者居住権を相続させる」との記載するのが一番いい方法である。 

Q.自筆証書遺言はすべて自筆で書かないと無効となる。


答えは↓

耳寄りなお役立ち知識 第4回「遺言」

投稿日時:2020/11/11(水) 14:34
登録スタッフの皆様

木の葉も色付く季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

Human Bankでは、皆様のお役に立つ 様々な情報を提供できればと思っております。

今回のトピックスは、「遺言」です。

Human Bankにもご登録いただいている行政書士の藤田みきさんから、
いざという時に困らない相続の事例を伺いました。
是非、挑戦してみてください。

Q.
成年被後見人(認知症や知的障害等の精神上の疾患により判断能力が著しく低下した方に対して家族等が裁判所にその旨を申し立て、財産を守る手伝いをする後見人を付けられた人)が一人で書いた自筆証書遺言は有効である。


Q.
自分の実名ではなく、ペンネームや芸名で残した遺言は有効である。

Q.
息子と気が合わないので、「息子を相続人から除く」という内容の遺言は有効である。

答えは↓
https://carinho-office.com/qa.html#igon_qa6_a

 

耳寄りなお役立ち知識 第3回「相続」

投稿日時:2020/10/12(月) 17:00
登録スタッフの皆様

秋風が心地よい季節になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

Human Bankでは、皆様のお役に立つ 様々な情報を提供できればと思っております。

今回のトピックスは、「相続」です。
Human Bankにもご登録いただいている行政書士の藤田みきさんから、いざという時に困らない相続の事例を伺いました。
是非、法律に自信のある方も挑戦してみてください。

Q.
先日、M子さんは寝たきりのお母様と同居していた最愛のお父様を亡くされました。悲しみにくれているのも束の間、海外に住んでいた姉が帰国するなり、「私たち姉妹は2人だけだから、母さんの住んでいる家の評価額4,000万円の4分の1の1,000万円と父さんの貯金総額2,000万のうちの500万円、トータル1,500万円が各法定相続分だ。すぐに分けてほしい。」と言ってきました。M子さんは、近くで両親の面倒をずっと看てきたのに、なにもしてない姉に1,500万円あげることに納得いきません。M子さんとお母さんは法律的にどういったことをいえるでしょうか。


答えは↓
https://www.carinho-office.com/qa.html#souzoku_qa2_a

 

耳寄りなお役立ち知識 第2回「コロナ離婚」

投稿日時:2020/09/12(土) 16:02
登録スタッフの皆様

初秋の季節、朝晩涼しくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

Human Bankでは、皆様のお役に立つ 様々な情報を提供できればと思っております。

今回のトピックスは、「コロナ離婚」です。
Human Bankにもご登録いただいている行政書士の藤田みきさんから、クイズ形式で困ったときの夫婦生活の賢い乗り切り方を伺いました。
是非、法律に自信のある方も挑戦してみてください。


―――――
Q1.
S子さん(48歳)は、普段から家を清潔にしており、今回のコロナでもできるかぎり家中を消毒していました。
一方、ご主人は、帰宅後、すぐ子どもに触ったりして、衛生観念が足りません。
ある晩、ご主人が部下と飲みに行き、酔っぱらって帰ってきたとき、S子さんの怒りは頂点に達し、ご主人にアルコールスプレーを思い切り吹きかけました。
ご主人は「俺はバイキンか?」と言い、大喧嘩に…それ以降、ご主人が実家に帰り別居することになりました。
では、S子さんが別居にあたり、請求できるものはなんでしょう?


Anser→https://www.carinho-office.com/qa.html#rikon_qa2_a

Q2.
 B子さん(47歳)は、普段からご主人にモラハラを受けても、自分が至らないせいと考えて、我慢していました。
しかし、ある日、ご主人が激高し、物を投げて、子どもが怪我してしまいました。さすがに反省したご主人が、翌朝、謝ってきた際に、B子さんは、「もしこのようなことが再度あったら、離婚よ」と告げました。
では、B子さんはこの後、どのような行動をとるべきでしょう?


Answer→https://www.carinho-office.com/qa.html#rikon_qa3_a 

―――――

もっと詳しく聞いてみたい、相談したい方は以下のサイトをクリックしてください。
ご相談を無料で行っているそうです。無論、秘密厳守です。
http://www.carinho-office.com

次回は、「相続」についてです。

(藤田みき プロフィール)
行政書士/法務博士(専門職)
 北海道出身。大学卒業後、航空会社で客室乗務員として約20年勤務。その後、法科大学院で法律を専門的に学ぶ。家族は夫と娘2人……と、プロフィールを書き出すと順風満帆な人生にも見えますが、大小の嵐や雨風に打たれながら今日に至る。
ひとりで抱え込んで悩んでいたら解決しないことも、誰かに話してみると案外簡単に片付いたりします。モットーは、知恵と勇気とおおらかさをお客様と共有すること。
 
ページの先頭へ