求職者用派遣の仕組み

トップ 登録希望の方へ 求職者用派遣の仕組み

人材派遣サービスとは

人材派遣サービスとは、派遣スタッフ(あなた)・ヒューマンバンク・派遣先企業の三者契約で成り立ちます。
まず、あなたは、ヒューマンバンクと「雇用契約」を結び、その後ヒューマンバンクから契約企業に派遣され、業務内容の指示は派遣先企業から受けることになります。

単発のお仕事を紹介できるのは以下のいずれかに該当する方です。(労働者派遣法第35条の4第1項より)
・昼間学校の学生又は生徒
・副業として派遣に従事するもの(生業収入500万円以上の者に限る)
・主たる生計者以外のもの(世帯収入500万円以上の者に限る)
(平成27年労働者派遣法改正法についてはこちらをご覧ください。)

あなたの給与支払いや保険手続きなどはヒューマンバンクが行います。
日常業務などにおいて何か交渉が必要な場合もヒューマンバンクが責任をもって行いますのでご安心ください。

1. 登録

はじめに、派遣スタッフ登録手続きにヒューマンバンクへ来社していただきます。
希望やスキル・キャリアについてお伺いし、勤務時間・勤務地など、あなたにマッチした仕事の内容を絞り込みます。

2. 紹介

ヒューマンバンクからあなたの登録内容にあった派遣業務をご紹介します。
派遣先企業名・通勤地・勤務時間・業務内容や給与などはもちろん、必要な情報をご提供します。
また、その紹介内容があなたのご希望にそぐわない場合にはご相談ください。

3. 契約

あなた・ヒューマンバンク・派遣先企業の三者で契約書を交わし、業務が決定いたします。
就業した後もヒューマンバンクはあなたを力強くサポートします。

4. 仕事スタート

業務内容の決定後は、ヒューマンバンクから基本的な就業条件の指示を受け、派遣先企業から日常業務の指示を受けることになります。
ヒューマンバンクはあなたとは「雇用契約」を結び、派遣先企業との間では「派遣契約」を結ぶことになります。

登録スタッフの皆さまのキャリア形成を支援する教育訓練メニューをご用意しております。
お仕事開始後にご利用ください。

ページの先頭へ